ヒトギのもと。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
HP移転のお知らせ
 前回の補足です。

ヒトギ再始動に向けて、HPも新しくする予定です。
まだ工事中なのですが、近況はこのブログではなく、タベイのブログ(新ヒトギブログ)で随時お伝えしております。
HP始動もそちらでお伝えいたします。
(旧ヒトギHP・このブログはもうじき閉鎖する予定です)

これからは、どうぞこちらへおいでくださいませ↓
http://blog.makiko.moo.jp/

よろしくお願いいたします。
| makiko | - | 00:46 | comments(30) | - |
ヒトギ再始動(展示のお知らせ)
 どうもごぶさたしております。
ヒトギのタベイです。

この度ヒトギ再始動が決定いたしました。

5月12日、約3年ぶりの個展を開催します!


3年ぶりとか書いてて、そんなに長い間休止してたんだなあ、としみじみ。
その間、色々なことを考え、頭の中をぐるぐる回りました。

その結果、素直な気持ちで、ヒトギを再始動しようと決めました。
それが今回の展示です。

展示会場は2006年にヒトギの展示でお世話になり、以来お世話になりっぱなしの
吉祥寺monoギャラリーさんです。


展示では、おなじみの手ぬぐい・布雑貨に加え、今回は「墨の絵」を版に起こし
タペストリーなどインテリア雑貨に展開しました。
そして手ぬぐいの新柄もお楽しみに(季節モノです)
新たにスタートするヒトギを是非見に来てください。


「物ヒトギ 2010」
2010年5月12日(水)〜17日(月)
12:00〜19:00
(※初日は14:00より、最終日は17:00まで)

吉祥寺monoギャラリー
http://www.monogallery.com/
0422-22-8812
| makiko | - | 22:26 | comments(0) | - |
ヒトギのさいきん
 お久しぶりです。
ヒトギのたべいです。

さて、ヒトギが活動を休止して約1年、たちました。

その休止している間、色々なことがあって
ばりばり手ぬぐいを刷っていた時には見えてこなかったものが、たくさん見えてきました。
変に硬くなっていた頭が、気持ちよくほぐれ
時間の経過というものも、考えをすごく助けてくれて
とても良い形で頭をリセットすることができたと思います。

手ぬぐいをすることや
モノを作ることを
消化し直して
また新たな何かが生まれて来そうです。

まだ色々と準備段階ですが。

また手ぬぐいを始める時には
新しい柄をたくさん引っさげて登場したいと思っています。
そのときはどうぞ手に取ってやってくださいな。


休止中、お客様方には大変ご迷惑おかけしました。
そして、その存在にとても助けていただいています。
休止の知らせを聞いて、遠方からわざわざ吉祥寺まで買いにきてくださったお客様
名古屋で買えなくなってしまったと、通販でたくさん購入してくださったお客様
ずっと待っていると言ってくださるお客様
本当に有難いです。とってもとっても嬉しいです。
やってて良かったなあとしみじみと思います。

再開がいつになるか
どういった形になるか
まだ色々未定ではありますが
気長に待っていていただけると嬉しいです。

もし再開した時に「何か連絡が欲しい」という方は
メールにその旨を書いて送っていただけたら、再開の連絡をさせていただきます。


それでは また。


現在は墨で絵とかも描いてます
こちらもどーぞ
田部井眞子HP
http://makiko.moo.jp/
| hitogi | - | 23:58 | comments(0) | - |
ミツトリヒトギ 休止のお知らせ
ミツトリヒトギと縁のあったみなさまへ。

こんにちは。
ミツトリヒトギです。

突然ですが、本日を持ちましてミツトリヒトギは休止します。


休止、ということばは若干相応しくないのですが。

ミツトリヒトギは今も胸のなかにいますし、
これからも育っていくものだとおもっています。

ただもっともっとおおきく醸成するために
時間を充分に取って成長していこうという結論に辿り着きました。


どのようなかたちになるかもわからない
ミツトリヒトギを、
みなさまに一方的に待っていてというのも腑に落ちないので、

自分たちの枷を外して、
枠のないもっと大きな世界で成長するためにも
みなさまにミツトリヒトギを休止することをお伝えすることにしました。


わたしたちふたりが、
泣きながら笑いながら、手探りでもここまで来ることができて、
いっぱいいろんな気持ちを残して来ることができたのは、
ミツトリヒトギとして関わらせていただくことが出来た、皆様のおかげです。

ありきたりの言葉かもしれませんが、
何も知らないわたしたちのことに興味を持ってくださった方々がいたから
ここまで来ることが出来たし、
そしてこのままではいけないと思うことが出来ました。

いままで、ありがとうございました。
そしてまたいつか、
おおきくなった私たちに会いにきてください。
 
 
これからのそれぞれの活動は下記URLよりどうぞ。
田部井眞子>>http://blog.makiko.moo.jp/
柳本真穂>>>準備中


※手ぬぐいの販売について
下記店舗では取り扱いを継続していただいています。
生産は終了しているので、在庫限りとなります。ご了承ください。
【吉祥寺 こまものや六方】 継続
【名古屋 いとへん】 継続
【イオン等の各店舗】 イオン高松店以外 終了
| hitogi | - | 18:56 | comments(4) | - |
ぞうりむし

ぞうりむしの動画を見て感銘を受けました。

動きがかなり機敏です。顕微鏡じゃ追っつきません。
タテヨコに進むだけじゃなく回転もできます。
粉ミルクとか食べるそうです。

で、酢酸とかがやってくると、繊毛を伸ばして怒るそうです。
右上あたりが怒ってます。
| makiko | - | 22:57 | comments(1) | - |
たけのこ


たけのこたけのこ。
実家の台所にでっかいたけのこがあって、それ見た感想。

これ見た母が
「あんたの目にはたけのこがこう映るのね。
 だとしたら私とかはどう映ってるの?!」

そんな話があったねー 「火の鳥」に。
事故に遭った主人公の目には、他の人間はくしゃくしゃの何かの塊にしか見えなくて
唯一、人間の形をしたロボットの事は人の形に見え、そのロボットに恋をする
そんな話。

でもその話したら母は「それを言うならミギーだ」と(寄生獣の)。
ヲタク親子ですいません。

もういっちょ
かぶ↓
| makiko | - | 00:15 | comments(0) | - |
プライドを捨てよ。そしてプライドを持て。


私のバイブル的漫画に
「つまらない意地(プライド)捨てたら
 今度はどんどん誇り(プライド)が沸いてきた」
という一説がある。

両方とも根は一緒の「プライド」
だが行き着く先は、紙一重で真逆の意味になる。

ずっと上手いこと言うなーと感動してたんだけど
昨日あたりから頭の中回るようになって
そんで

自分は
変な意地を張ってはいないか?
変な方向に格好つけてはいないか?
それを「プライド」と称し、
変に見栄を張ってはいないだろうか?
改めて考えてみたんさ

そしたらもうさ
もう、そのまんま。
笑っちったよ、もう。

あと一歩、踏み出せないでいた。
それが、その理由が、それだった。
とにかく見栄っ張り
とにかく意地っ張り


誰に見栄張ってるの
何のために格好つけてるの
口先だけであーだこーだ言ってて
何が残ると思う

大丈夫
自分がしたいことすればいい
ただそれだけ
自分の根本に誇りを持て
それを怖がらず解き放て
そうして振り返れば
見栄なんて本当に本当に小さな物


気づいてよかった。助かった。
なんだか色々すっきりした。

そして本日とあるコンペにポートフォリオ発送しました。
ひーーーー怖い怖い。
でもこれもすっきり。
一次審査結果は4月末。
ま、結果怖いけど、どっちにしろ新しい一歩は踏み出せたような気がする。
大体ね、今まではこんな場所でそんなこと絶対発表しなかったし。ねぇ。
| makiko | - | 01:38 | comments(0) | - |
一発で


たまには
下書きもせんといきなり描いてみようてなことになり(自分の中で)
紙にペンとガッシュでつらつらと。
サイズはA4

しかしなー分かった。よく分かった。
一発描き、向いてないわ。
なんかだって後から直したくて直したくて仕方なくなるんだもんよ。
うあ、なんでここにこれ描いたんじゃろ…て。

しかし、さらにしかし(逆説の逆説)
やべー後戻りできんわ!て焦って
でもその渦の中で、
じゃあどうしていこうか?
どうしたらカバーできるか?
てな試行錯誤を繰り返していくことにも面白さを感じる。
そしてそして、そのカバーが実は、
その絵を元よりも良くしていくことに繋がっている。
…ような気がする。そう信じたい。
| makiko | - | 00:58 | comments(0) | - |
落描き



バナナの皮に落描きしてみた。

意外と描けるものだ、と感心。
水性のペンで描きました。

楽しかった。
| hitogi | - | 11:43 | comments(0) | - |
松葉

もひとつ新作

「松葉」


ぱらぱらと 地面に散らばっている 松葉を
しゃがんで 地面に並べてみる
どこまでも どこまでも

昔からよく手ぬぐいに使われるモチーフ「松葉」ですが
並んでいるものは見かけないなーと思い、ひたすら並べてみました。

で、深緑の松葉の間に、赤い松葉がちらほら入り込んでますが
赤部分は、一本一本(一房?)私の気まぐれで刷っているので、
一枚一枚 赤の場所・本数が違います。
なので 「豆豆」「鯉」同様、
お店で買っていただく場合は、広げて楽しく選んでください。
通販の場合は、お任せで(在庫によっては、多少は選んでいただくこともできます)


色は、松葉の深緑・朱の色は同じで、地の色が違います。
<白地>   1.000円
<きなり地> 1.200円

↓きなりの部分
| hitogi | - | 01:19 | comments(0) | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ